バイアグラの写真

バイアグラって聞いたことあるし有名だとも思うけど、実際のところどうなの?って思っている方も多いと思います。バイアグラに関する様々な疑問や情報を皆さんに提供して役立てていただければと考えています。

保険が使えないから検討したいバイアグラの後発医薬品

バイアグラは現在健康保険の適用外とされる薬となっていますから、購入の際にはかなり高額な自己負担が求められるようになっています。
一錠あたり1500円から2000円ほどの自己負担になるために継続利用となるとかなりの金額になってくるというのがバイアグラのネックとなっているのですが、そうした費用負担を軽くするために利用を検討したいのが「後発医薬品」です。
この後発医薬品と言うのは先発品、つまりバイアグラであればファイザー製薬が開発したバイアグラをベースとして同じ有効成分を使った薬のことです。
最近では「ジェネリック」という名前の方がよく使われるようになっていますが、この後発医薬品は先発品のように開発に必要になったコストを回収する必要が薄いためにかなり安価に購入出来るようになっているのです。
新薬を一つ作るには200億円の費用と15年の時間が必要と言われていますから、そうしたコストを回収する必要が無いのであれば薬はかなり安く作れることになります。
では実際にはバイアグラの後発医薬品はどれくらいの価格で販売されているのかと言うことについてですが、これはおおよそ一錠あたり1000円から1500円ほどになっています。
先発品の半額以下とまでは行きませんが3~5割ほど安い価格で利用することが出来ますから、継続利用をする場合ほどその恩恵を強く受けることが出来るようになるでしょう。
ただ少々注意をしたいのが、この後発医薬品は薬局によって取り扱いが無いこともあるということです。
特にバイアグラは先発品の方がはるかに有名な現状がありますから、薬局によっては先発品しか在庫が無いこともあります。
そのため後発医薬品を利用したいのであればかかりつけのクリニックにまず確認を取るようにしましょう。